« 腎がん部分切除 | トップページ

2017年10月 4日 (水)

人生の師への追悼

 先月の入院中、大きな衝撃が私を襲っていた。
「人生の師」が亡くなったという悲報である。

 我が恩師は今夏の8月4日に逝去されていた。
93歳の天寿を全うされた。
「恵みに満ちた穏やかなる旅立ち」 をされたとのこと。

 人生の大半は学者として、末期は画家として生きられた。
最後にお会いしたのは一昨年の師の個展を訪問した際だった。

 学者生活のあとは、研究テーマであったヘーゲル哲学を絵画に表現する道を究めようと
しておられた。
 私が"人生二毛作"をめざすのは師の影響でもある。

 身体が動かぬ私は、退院後に、せめてご仏前に捧げていただくべく、
ご家族に次の拙稿をお送りした。

 この 「人生を決した一冊」 (1984) を追悼として捧げたい。(合掌
  http://bit.ly/2xwfPoB

« 腎がん部分切除 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/65872293

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の師への追悼:

« 腎がん部分切除 | トップページ