« PISA型教育の質を問う | トップページ | 教育関連ツイート(この1年の整理) »

2016年12月20日 (火)

「貧困」と「学力」 をめぐって

 

今年は無農薬有機農法に挑戦した年だったが、最後になって、これまで取り組んできた開発教育と結びつく出来事があった。
 「子ども食堂」 などの事例を引き合いに出すまでもなく、貧困の克服を軸に社会のあり方を考える開発教育と食としての農業は根底でつながっていることを改めて実感した。

 以下は、農業を共に学ぶメンバー (教職志望) とのやりとりである。
 期せずして、農にかかわる開発教育と 「子どもの貧困」 についての課題を共有する機会となった。


- -

 Dさん、皆さま

> 無農薬で作られた土を触るだけでも癒しになりますよね。

 そうですね。
私が今年到達したのは 「土が好き」 になることが農業の真髄という境地です。
実際、私は、今までむしろ汚く感じていた土がとても愛おしいです。(^-^)

 本日畑に行きましたが、到着が4時を過ぎてしまい、建物は閉まっていてスコップと鎌を回収できませんでした。
ですので、来週、もう一度行かねばと思っています。
ドジが重なってます。(笑

> 自身の受講している教職課程の 「生活指導」 の指定図書 『貧困と学力』 の中に、
> Jinさんが担当された章があるのを偶然発見し、少し驚きました。

 慶応の指定図書になっているとは、とても嬉しい情報です。
「子どもの貧困」 に関心があるとはDさんらしいですね。(^-^)

 大学在職中はこの 「子どもの貧困」 をテーマのひとつにしていましたが、退職した今は、(それを忘れてはいませんが) 無農薬有機栽培や (足元の多文化共生ボランティアでの) 日本語教育が新しい実践的課題になっています。

 関連して、以下は、東洋大学で非常勤講師をしていた5年前 (柏原竜二を擁して駅伝の全盛時代でした) に書いた随想です。『貧困と学力』 の論文の要約です。
短いので転載しましょう。

 教職を志すDさんのための転記ですが、他の方は読み飛ばしてください。
けれど、結構好評だったので、読んでも後悔はしないかもしれません。(笑

 以下、『東洋通信』 第48巻第2号 (2011.5) より転載
~~

 【随想】 「貧困」 と 「学力」 をめぐって

 貧困と学力は各々どのように考察でき、どのような関連があるだろうか?
私は、2007年、『貧困と学力』 (明石書店) の刊行に 「貧困と学力の再検討」 を書いて参加した。
  このテーマは、4年後の今日、ますます重要な課題を提起しているように思う。

 当時、私は東北タイの教育NGOと連携した 「途上国の教育の質的向上の可能性」 に関する調査研究事業に加わっていた。主な関心は、一方的な教え込みでないファシリテーションの有効性にあったが、日本の教育との関係では、
1) 貧困に関して「剥奪としての貧困」概念をどう捉えるか、
2) 貧困と学力は相関関係にあるが、そこにおける学力をどう捉えるか、
3) 貧困と学力に関してどんな授業が展開できるか、ということを考えていた。

 1) 一般に、貧困とは1日1ドル以下 (注:現在は1.90ドル未満) の収入しかない絶対的貧困をさし、世界では5人に1人が該当するとされている。対して、日本の貧困問題は相対的である。とはいえ、貧困率はOECD諸国中ワースト2なのであり、年収200万円以下とされる 「ワーキングプア」 の実態等、抜き差しならない現実がある。
 ここで重要なのは、世界においても日本においても貧困は単に経済的欠乏だけではないことである。制度やしくみによって形成される従属的な関係性を見据える必要がある。貧困とは 「経済的欠乏」+「社会的排除」 の構造的な問題なのである。この内実では、日本と世界の貧困問題の本質は実は類似している。社会が二極化し、格差が固定されることが憂慮される。
 果たして日本は 「ゆたかな社会」 と言えるだろうか? あるいは、「ゆたかな社会」とはどのような社会なのだろうか?

 2) 次に、こうした状況の反映として、日本の子どもは7人に1人 (注:現在は6人に1人) が貧困とされている。学校現場が直面する子どもたちの現実は、就学困難、授業料滞納、(高校生の) 無保険問題など深刻さを増している。こうした実態は、貧困ゆえの教育へのアクセス不足が危機的であることを示している。ここから推測するまでもなく、貧困と学力は相関する傾向がある。教育を仲立ちとして、日本社会の格差が再生産されていくことになる。
 ここではさらに、学力とは何か、が問われなければならない。近年の 「学びの問い直し」 にもかかわらず、たとえば今なお、”社会科は暗記科目” と捉える実態がある。
知識量優先のこうした実態は 「学びの貧困」 とも言えるだろう。
 加えて、今日、他者への関心の希薄化、いじめ、少年犯罪の増加等の現実が顕在化しており、ここでは、教育においても貧困で見た 「関係性の欠如」 が大きな課題となっていることがわかる。こうしてみるとき、日本の教育は 「ゆたかな学び」 と言えるだろうか?あるいは、「ゆたかな学び」 とはどのような学びなのだろうか?

 3) 授業で貧困をテーマにする場合には、貧困と学力の現状と課題に関して以上のような
観点が問われることになるだろう。そして、世界とのつながりを十分に認識しつつも、問題は実は足元にある。足元での取り組みが世界とつながり、望ましい未来の創造につながることを考えたい。地域から世界につながる 「オルタナティブな課題解決学習」 である。
  ・・・ グローバリゼーションの時代だからこそ、世界の貧困問題に対応するに際して、日本の現状を知り、考え、行動することが重要なのである。貧困・格差の固定化を断ち切るための学びが問われている。足元から問題を解決する学習を、確たる知識とその活用、さらに課題解決のためのコミュニケーションやつながりを重視する学びとして展開することが求められると考えている。

« PISA型教育の質を問う | トップページ | 教育関連ツイート(この1年の整理) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/64649310

この記事へのトラックバック一覧です: 「貧困」と「学力」 をめぐって:

« PISA型教育の質を問う | トップページ | 教育関連ツイート(この1年の整理) »