« 「生成的」 ということ | トップページ | ペルー協力隊員との対話 »

2016年4月14日 (木)

はじめてみようオーガニック菜園

 先月からPARCの農業体験講座に参加している。
2回の講座が終了しているが、次回から新しい参加者があるという。
ここでは、講座MLに挨拶のあった方への歓迎メールを通して、講座について報告しよう。

--

さきさん (畑ネームはこれで良いですネ?)、はじめまして!
さっそくのご挨拶、ありがとうございました。

「はじめてみようオーガニック菜園」 の小貫 (Jin) です。
高校~大学の教育現場で、開発教育なるものに関わって40年。
現在は ”人生二毛作” の一環として、何と実際に畑にいます。(笑)

コースには経験者も居ますし、私のようなまったくの初心者も居ます。
どうかマイペースでお付き合いください。

せっかくですから、これまで2回分のおさらいを公開しておきます。
第1日目:ジャガイモ定植、葉ねぎ・かぶ・ほうれん草播種。
第2日目:大根・枝豆・とうもろこし播種、サニーレタス・キャベツ定植
でした。

作付はこんな並びです。
|  |(未使用)
|道|(未使用)
|  |枝豆    /とうもろこし
|路|葉ネギ  /かぶ      /ほうれん草
|  |ジャガイモ/大根     /サニーレタス/キャベツ

さきさんが講座に何を求めているかわかりませんが、
就農が、農業技術体得 → 資金と土地の調達 → 就農という流れだとすると、
初心者コースの本講座は、農業技術体得以前の体験と収穫の喜び体験かな?

土づくりもマルチもお膳立てしてあるので、これまでのところ極めて容易です。
清水師匠には、もう少し自立できるようにEMぼかしのことなどリクエスト中です。

さて、私は初心者ですから、”素朴な” 問題意識を書きます。
そもそも農業と環境はどうあるべきか?

本講座は、EMを活用した有機農法です。いわゆる 「循環型」 ですね。
私の友人は、「東京で農業」 の方で減農薬/減化学肥料農法を学んでいます。

連絡を取り合いながらお互いのテーマとして共通しているのは、
双方 「環境にやさしい農業」 を学んでいるが、そこから自分はどちらを選択するか
が根本課題だということです。

私が自分のテキストとしているのは、もっと徹底した自然農法にまつわるものですが、
いずれにせよ、日本の食と農の根本に関わるはずですね。(^-^)

農業が未経験の私には、これからどんな学びが待ち構えているのか分かりません
し、楽しみでもあります。

初心者である自分は学ぶ力が弱いとも感じていますが、
今後は、さきさんも交えて、共に学びを深めたいですね。(^-^)

まずは、さきさん歓迎のコメントとして。
どうぞよろしくお願いします。
Jin

« 「生成的」 ということ | トップページ | ペルー協力隊員との対話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/63485594

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてみようオーガニック菜園:

« 「生成的」 ということ | トップページ | ペルー協力隊員との対話 »