« DEファシリAD講座第5講 「学校教育とワールド・カフェ」 | トップページ | 授業改革へ向けた「学習する組織」になれるか? »

2014年10月19日 (日)

テニスで転倒(恥)

 テニスで転倒しケガをした。左遠方に返されたボールを追って、間に合うつもりだったのだが足がもつれた。あな恥ずかし。(笑)

 ちょうど昨夜、松岡修造テニス大合宿 (2014版) が放映されたのを観たが、最後の左右ノックで、私の場合は足がもつれてそれこそノックダウンすることになる。(笑)
 私の場合は、子どもたちのように追うのをあきらめてしまって叱られるのでなく、あきらめないで無理をして叱られるというわけだ。(笑)
 
 昨年(2013版)の 「ギンギラギンでさりげなく打法」 や 「やられたら倍返しだ打法」 を思い出して張り切っていた矢先の事故だった。
 今年 (2014版) の 「スニーカーブルース打法」 や 「アナ雪(ありのままで)サーブ」 など、松岡流指導法は素晴らしく、この番組はテニス愛好者にとって面白いだけでなく、実に有意義だ。

 
 
 ケガの箇所は2箇所。
 まず、左頭部をしこたま打ったので左まぶたのすぐ上が裂けて出血。そして、左腕(かいな)が折れたかもと疑うくらい痺れていて痛い。
 結局、まぶたに近すぎる切り傷は縫うことをやめてテープで様子見。左手はレントゲンでは骨折なかったので、冷やして固定。痛み止めで痛みをかわしつつ様子見。

 実は今日、行きつけの理髪店に行った。自分で洗髪できないので専門家にお願いすることにした。いまどき、シャンプーだけというのはまず無いそうな。
 「実は明日から新装前で閉店する直前だったのです。タイミング良かった。けれども、頭がかゆくなったら業務としてでなくシャンプーするからいつでも連絡してください」 と言ってくれる。その親切な心がうれしい。

 かくかくしかじかの顛末。年は取りたくないねぇ。(笑)
 昨年春から、中学時代以来でテニスを再開 (軟式から硬式に転向) し、バックハンドも板についてきて喜んでいたのだが、まさかの体験談でございました。。

« DEファシリAD講座第5講 「学校教育とワールド・カフェ」 | トップページ | 授業改革へ向けた「学習する組織」になれるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/60510410

この記事へのトラックバック一覧です: テニスで転倒(恥):

« DEファシリAD講座第5講 「学校教育とワールド・カフェ」 | トップページ | 授業改革へ向けた「学習する組織」になれるか? »