« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月20日 (土)

夏期スクーリング終了!

17-19日の3日間、「社会・公民指導法」 のスクーリングに携わった。3日間とはいえ、9:00から16:00まで、フルに1日×3を担当する。私だけでなく、参加者にとってもかなりの激務。けれども、実習を検討しながら、検討する度に深まっていく実感を持てたことで、充実したスクーリングであったと思う。

続きを読む "夏期スクーリング終了!" »

2011年8月15日 (月)

アダム・カヘンに学ぶ

これまで3日間、「開発教育ファシリテーター」とは? について思索してきた。焦点としては、「学びの問題解決ファシリテーター」 であると同時に 「社会の問題解決ファシリテーター」 であること、その方法論の軸は、”ダイアローグ” のファシリテーションであることを展望してきた。本日はそのプラスαをまとめる。

続きを読む "アダム・カヘンに学ぶ" »

2011年8月14日 (日)

「開発教育ファシリテーター」 とは

「開発教育ファシリテーター」 とは? ・・・ 昨日、私は 「社会の現実に通用する問題解決(および合意形成)ファシリテーター」 とした。これは、「対立する社会の現場で、対話(ダイアローグ)を通して、合意を形成しながら、創造的な問題解決を図るファシリテーター」 ということである。

続きを読む "「開発教育ファシリテーター」 とは" »

2011年8月13日 (土)

『問題解決ファシリテーター』 からの歩み(2)

「開発教育ファシリテーター」 とは何か、をめぐる思索を続けよう。昨日は、「開発教育ファシリテーター」 を 「開発のあり方を考え、貧困をはじめとする地球的諸課題に立ち向かう生き方の普及者」 と想定することの問題点を考えた。

続きを読む "『問題解決ファシリテーター』 からの歩み(2)" »

2011年8月12日 (金)

『問題解決ファシリテーター』 からの歩み

「開発教育ファシリテーター養成講座」(拓殖大学) の幕開けが 2004年 ・・・。はや、8期を数える。当初から、「開発教育ファシリテーター」 とは? という根本を問い続けてきた。実は、私個人は、当時とかなり見解が変化してきている。それはどういうことか。。

続きを読む "『問題解決ファシリテーター』 からの歩み" »

2011年8月 7日 (日)

ドルの行方を読む

国際通貨であるドルが揺らいでいる。「ドル時代 終わりの始まり」(朝日新聞) といったトップ見出しが新聞紙面を踊っている。揺らぐ 「国際通貨体制(ドル体制)」 の状況を、私たちはどのように理解できるだろうか?

続きを読む "ドルの行方を読む" »

2011年8月 6日 (土)

授業 「持続可能な社会と平和」 への反応

「持続可能な社会と平和」 の授業は260名が受講していた。その課題レポートを読み込み、毎時のリアクションペーパーと組み合わせる採点作業が終了した。ここでは、学生の反応を軸に、簡単な 「ふりかえり」 をしておきたい。

続きを読む "授業 「持続可能な社会と平和」 への反応" »

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »