« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」 | トップページ | 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(3) »

2011年7月18日 (月)

英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(2)

現在、開発教育の文章の英訳を吟味している。今回は、「開発教育のカリキュラムとESD」から、私自身が重要と思う 5つほどの文例を検討する。総じて、原文を翻訳用に直さなければ訳せない。主語の省略や述語の語順の違いに配慮すると、長文やわかりにくい構造の日本文は反省すべきと思う。

1.開発教育は課題解決と国際協力の学びとして、貧困・格差や環境破壊等の諸課題に向き合い、学習者主体の参加型の学びを提起してきた。

→ 開発教育(development education)は、~に向き合い(has grapped with ~)、そして、提起してきた(has proposed )、学習者主体の参加型の学び(a learner-centered participatory learning) を。

⇒ As a form of leaning for issue resolution and international cooperation, developmemt education has grappled with such issues as poverty, disparity, and environmental destruction, and has proposed a learner-centered participatory learning.

2.その学びは 「公正で共に生きることのできる社会」 とはいかなるものか、そのための 「望ましい開発」 はいかに可能かを探求してきた。

→ その学び(The form of learning) は探求してきた(has explored)、「公正で共に生きることのできる社会」とはいかなるものか(what a society of fairness and coexistence might be) を、そして、そのための「望ましい開発」はいかに可能か(how it might be possibe to engage in desirable development for that purpose) を。

⇒ The form of learning has explored what a society of fairness and coexistence might be, and how it might be possible to engage in desirable development for that purpose.

3.開発教育は、経済中心の開発観に対して、「真の開発とは何か」 を常に問い続けてきた。

→ 開発教育は、常に問い続けてきた(has always continued to raise questions)、「真の開発とは何か」(what constitutes true development) を。

⇒ Development Education has always cntinued to raise questions about what constitutes true development in contrast to the economically oriented view of development.

4.日本にも開発問題がはっきりと見えてきた今日、私たちは自分たちの地域の開発問題(貧困・格差、地方の衰退、多文化共生、環境破壊、食と農の問題など)を発見することが重要である。

→ 私たちにとって重要である(It is important for us)、~を発見すること(to discover) が。

⇒ Problems with development have become clearly visible in Japan today, and it is important for us to discover the problems of development (poverty, disperity, regional decline, multiculturelism, environmental destruction, food and farming problems, etc.) that exist in our own regions.

5.地域の課題に向けて、豊かな人間関係を築き、地域の歴史に学び、皆の参加を得ながら課題を克服し、それによって地域が生き生きとなり、さらに、他地域や世界との自立と共生のつながりを実現していくことがここでの本旨である。

→ ここでの本旨(the main point here) は、豊かな人間関係を築き(build up rich human relationship)、地域の歴史に学び(learn the histry of the area)、課題を克服すること(overcome issues)。それによって、地域が生き生きとなり(the local comunity becomes vibrantly alive)、~との自立と共生のつながり(the connection of autonomy and coexistence with)が実現する(are realized)こと。

⇒ The main point here is to address issues in the local community, build up rich human relationship, learn the history of the area, and overcome issues while obtaining everyone's participation. In this way, the local community becomes vibrantly alive, and the connections of autonomy and coexistence with other area and the world are realized.

« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」 | トップページ | 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/52242090

この記事へのトラックバック一覧です: 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(2):

« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」 | トップページ | 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(3) »