« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(2) | トップページ | 「持続可能な社会と平和」 覚書 »

2011年7月20日 (水)

英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(3)

拙論 「開発教育のカリキュラムとESD」 の翻訳を吟味しているが、今回は、仕上げとして、1~4節の各見出しと、最終節 「まとめ」 にある幾つかの文を検討してみる。

第1節 : 開発教育カリキュラムの歴史に学ぶ

⇒ Learning from the histry of development education curricula

第2節 : 持続可能性に対応するカリキュラムの課題と新学習指導要領

⇒ Issues of a curriculum addressing sustainability and the ner education guideline

第3節 : 「地域を掘り下げ、世界とつながる」 カリキュラムに向けて

⇒ Toward a curriculum that "digs into the local and connects to the world"

第4節 : まとめ

⇒ Summary

1.私たちのおかれた今日の状況は、持続可能性の観点でとらえると、時代的転換期である。それは、地球環境問題、資源・エネルギー問題に限らず、国際金融をはじめとした国際政治・国際金融などの現状も持続可能性が疑われている。

一言 : 2011.3.11以後の今ならの思いだが、原文の 「資源・エネルギー問題」 は、原子力発電と再生可能エネルギーを例にもっと切実感ある記述であるべき。

→ 私たちのおかれた今日の状況(The circumstances in which we find ourselves todey)は、私たちをおいている(places us)、時代的転換期(in transitional era)に。

⇒ The circumstances in which we find ourselves today, when viewed from the perspective of sustainability, place us in a transitional era.

→ それ(This)は、~の問題に限らない(is not limited just to ploblems of)。

⇒ This is not limited just to ploblems of the global environment and of resources and energy.

→ ~などの現状(The current circumstances of)も疑われている(are being put into question)。

⇒ The current circumstances of international finance and aspects of international politics, the international economy, and so on, are being put into question.

一言 : 「何が」 疑われているかといえば、もちろん、既述の持続可能性の観点(when viewed from the perspective of sustainability)から。

2.今日では、持続可能性が問われる時代において、グローバルな世界に対応する新しい展開が問われている。

→ 新しい展開(new curriculum developments)、グローバルな世界に対応する(to deal with a more global world)、が問われている(are demanded)。

⇒ Today, in an era that raises the question of sustainability, new curriculum developments to deal with a more global world are demanded.

3.それを 「開発教育で実践するESDカリキュラム」 と名づけるとすれば、その学びは、地域を掘り下げ、世界とつながる探求のプロセスをとおして、持続可能性にかかわる総合的な諸課題の現状を知り、持続可能な開発のあり方を考え、公正でともに生きることのできる循環型の社会(地域と世界)がいかに実現できるかを探求する学びとなる。

→ それ(they)を名づける(are named)とすれば、 「開発教育実践するESDカリキュラム」 ("ESD as practiced under development education)と。

⇒ If they are named "ESD as practiced under development education",

→ その学び(the learning involved)は、~を通して(through)、知り(will know)、総合的な諸課題(the current circumstances regarding issues)を、~にかかわる(that inpinge on)、考え(think about)、持続可能な開発のあり方(what form sustainable development should take)を、

⇒ the learning involved will, through the process of searching that digs into the local and connects it to the world, know the current circumstances regarding issues that impinge on sustainability in a comprehensive manner,

→ 考え(think about)、持続可能な開発のあり方(what form sustainable develomment should take)を、

⇒ think about what form sustainable development should take,

→ 探求する(seek)、いかに実現できるか(ways to realise)、循環型の社会(a recycling society)、人々が公正でともに生きることのできる(where people can live together in fairness)が。

⇒ and seek ways to realise a recycling society (local community and world) where people can live together in fairness.

4.開発教育は、これまでも今後も、開発という概念自体を問い直すことを内に含んでいる。重要なのは、「開発のあり方」を問うことである。さらに、私たちと世界のつながりや連動性の理解を深めることである。

→ 開発教育(Development education)は、内に含んでいる(contains within itself)、問い直し(a reexamination)を、開発という概念自体(of the consept of development itself)の。 

⇒ Development education as it has been and as it will be contains within itself a reexamination of the concept of development itself.

→ 重要(What is important)なのは、問うことである(is to question)、開発のあり方(the desired form of development)を。

⇒ What is important is to question the desired form of development.

→ それは深めることである(it is to deepen)、つながりと連動性の理解(the understanding of connections and linkages)を、私たちと世界(ourselves and the world)の。

⇒ Further, it is to deepen the understanding of connections and linkages between ourselves and the world.

5.本来、開発教育の学びは 「人間にとって本当に大切なものは何か」 に思いを巡らす学びを伴っている。ここには、近代化や物質的豊かさだけではない価値を模索する学びがある。

→  開発教育の学び(The learning of developmenteducation)は、伴っている(accompanied by)、思いを巡らす学び(study that revolved around the question)、人間にとって本当に大切なものは何か(what is truly important to a human being)に。

⇒ The learning delopment education was originally accompanied by study that revolved around the question of what is truly important to a human beings.

→ ここ(Here)には、学びがある(is a learning)、価値を模索する(that pursues values)、近代化や物質的豊かさだけではない(that do not center only on modernization and material prosperity)。

⇒ Here is a learning that pursues values that do not center only on modernization and material prosperity.

6.協働的な営みとして地域の課題を掘り下げ、人とつながり、伝統の知恵(ローカルウィズダム)に学びながら持続可能な社会のあり方を展望することは、私たちの社会が生き生きとし、世界との望ましいつながり方を築いていくことにつながるだろう。

→ 地域の課題を掘り下げ(Digging out the issues of the local community)、人とつながり(making connections with other people)、伝統の知恵に学び(learning from traditional knowledge)は、つながるだろう(no doubt, help us)、私たちの社会が生き生きとし(achieve a vital society)、世界との望ましいつながり方を築いていくこと(lead to the creation of desirable linkages with the world)に。

⇒ Digging out the issues of the local community as a cooperative activity, making connections with other people, and learning from traditional knowlege (local wisdom) while looking over nations of what a sustainable society should be would, no doubt, help us achive a vital society and lead to the creation of desiable linkages with the world.

7.こうした活動は、私たち一人ひとりをより人間らしくし、よりエンパワーし、地域と世界の 「持続可能な社会」 と 「関係性の豊かさ」 をみんなで築いていく未来につながっている。

→ こうした活動(Activity of  this kind)は、私たち一人一人をより人間らしくし(make each of us as individeals more human)、よりエンパワーし(more empowered)、未来につながっている(leads us toward a future)、みんなで築いていく(in which we will all build)、持続可能な社会と関係性の豊かさ(a sustainable society and rich interrelation)を、地域と世界(of local communities and the world)の。

⇒ Activity of this kind of makes each of us as individuals more human, more empowerd, and leads us toword a future in which we all build a sustainable society and rich interrelations of local comyunity and the world.

« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(2) | トップページ | 「持続可能な社会と平和」 覚書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/52259125

この記事へのトラックバック一覧です: 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(3):

« 英訳:「開発教育のカリキュラムとESD」(2) | トップページ | 「持続可能な社会と平和」 覚書 »