« 小さな幸せ | トップページ | GWボランティア »

2011年4月28日 (木)

カメラ購入の顛末記

コンパクトカメラを新たに購入することにした。ペンタックス、キャノン、カシオなどのコンデジを幾つか持っており、それぞれの個性に愛着があるのだが、それらに加えて、誰もがどうしても揃えておきたいのが 「防水仕様」 ではないだろうか。私は何をどのようにして購入することになったか、その顛末記。

魅力的な防水カメラは幾つもあるが、あえて2機種選ぶとしたら、パナソニックのFTシリーズと、ソニーのTXシリーズが双璧と判断している。前者は、FT1が2009年に発売された当時から気になっていた。堅牢そのものにして画質も良好というすぐれもの。現在は、FT2を経てFT3に至っている。

私は、商品選択では口コミをもっとも重視する。例の 「価格.com」 に出向いて研究。ここで得た情報によると、FT3は、GPS+フルハイビジョン動画など機能満載のカメラということ。画素数もアップして、まさにてんこ盛り状態。・・・ いらない。

結論。もう生産していないFT2を探し出す。

さて、対抗馬はソニーのTXシリーズ。ここでも、昨春新発売のTX5が、この春にTX10に ”進化” している。けれども、その ”進化” があやしい。FTシリーズ同様の画素数アップはついに1600万画素に達している。私に言わせれば、明らかに ”過剰進化”。・・・ いらない。

結論。もう生産していないTX5を探し出す。

次に、FT2か? それともTX5か? これは好みだが、どうやら後発のTX5の方がバランスが良さそう。決め手になったのは、ソニー製 裏面照射CMOSセンサーが高感度に強いこと(たとえば 「手持ち夜景モード」)。広角25-100mm F3.5-4.6 のカールツァイス・レンズが結構がんばっていること。70-85mmあたりの近接10cm ”ズームマクロ” が可能で、そのボケ味が、私の好きなリコーの(深度の深い)ボケ味と似ていることの発見など。このカメラ、ただの防水カメラではなさそう。もちろん、動画 や スィングパノラマ などの機能はソニーのお家芸だ。

さて、問題はここから。難題は、もう生産していない中古品探し。.

私は首都圏の地方都市に住んでいるので、まずは地元にある量販店で、「現品限り」 を探す。ヤマダ~コジマ~ノジマと回るも甲斐なし。しかし、4店目のPC-DEPOTで奇跡的に見つけた! 「現品限り」(液晶の光沢に擦り傷あり)。

「どんな状態か見せてもらえますか?」 と言って箱をあけて検分。う~ん、かなりの汚れ。価格は半値に落ちているが、”良品” とは言えない。「ちょっと考えさせてください」 といって店を出る。手を尽くしてもなければ、千載一遇の出会いに感謝して、明日もう一度来ようと思いながら ・・・。

帰宅して、愛用する通販サイト 「デジオン」 検索。・・・ ない。(この時点で中古を覚悟)

「キタムラネット」 の中古コーナーへ。・・・ あ、あった!(涙) 

富山市のキタムラである。淡いグリーンカラーで ”美品” 扱い。信頼するキタムラゆえに、ひょっとして新品同様(?)。しかもさっき手にしたものよりさらに安い!

やっとたどり着いた防水仕様コンデジ=ソニー TX5 の購入予約。運良く(?)めぐり会えたゆえの 愛着。

・・・ 昨日の 「小さな幸せ」 の感覚が蘇る。(笑)

我ながら、お疲れさま。調べること自体を楽しむ、カメラ好きおじさんのこんなこだわり、ばかみたい?

分かってもらえるかしら、 ・・・ 今日の私が、日常に 「小さな幸せ」 を感じたことを。。 

« 小さな幸せ | トップページ | GWボランティア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さな幸せ | トップページ | GWボランティア »