« カメラ購入の顛末記 | トップページ | TX5入手! »

2011年4月30日 (土)

GWボランティア

今日の朝刊に、「GWボランティア」 の記事がある。「大型連休初日の29日、東日本大震災の被災地に各地からボランティアが訪れ、作業に汗を流した」 とある。これに関連して、私の身近な事例を紹介したい。

私の高校教師時代に委員会活動(事実上の部活)でつながりのある卒業生たちと今も交流している。日頃はMLで、夏には私の自宅でオフ会、といった具合。そのなかの一人の話。

彼は、昨年から、「高齢化社会」 に対応して、介護送迎を軸としたNPO法人を立ち上げた。その彼が、今回、「東日本大震災 災害支援プログラム」 を企画。

4月29~30日、宮城県岩沼市にマイクロバス2台、2トン保冷車1台で向かい、避難者約400名への炊き出し及び瓦礫撤去作業を行う。

ML上でも話が出たとき、勿論賛同。「個人では、なかなか現場でうまく機能しにくい面があるなかで、NPOの組織力を活かしたこの企画は素晴らしい」 と。さっそく、この企画参加に手があがったことも書いておこう。素晴らしい卒業生たちなり。

この企画の反響は予想以上で、彼の息子が通う小学校が全面的に協力してくれて、募金を呼び掛けてくれたり、児童が被災した方々への手紙や絵を描く教育活動をしてくれたり、あげくは、先生自らがボランティアに参加してくれたり ・・・。

地元の製麺屋さんは、二言返事で人数分のうどんを無償で提供、配色サービス業者さんは、炊き出し用の鍋を提供 などなど、助け合いの善意の輪は広がっていった。

彼は書く、「 ”一つの手ではできないことでも、多くの手が集まれば何でもできる” とは、こういうことをいうのでしょうね」 と。その感謝の気持ちや良し。

私のエールは、「○○の書き込みは、とても実感がこもっています。行動するものの力を感じることができるのが嬉しい。もっともっと大きくなってください! 世の中には、コーディネーターが必要です。 とにもかくにも、元気で行ってきてください。体を動かしながら現地をしっかり見てきてください。”百聞は一見に如かず。百見は一行に如かず”」。

ボランティアは助けるばかりではない。自分も大きなものを得ることだろう。

こんなことを、しみじみと身近に感じるのも、「小さな幸せ」 と言えるだろう。

« カメラ購入の顛末記 | トップページ | TX5入手! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/51532312

この記事へのトラックバック一覧です: GWボランティア:

« カメラ購入の顛末記 | トップページ | TX5入手! »