« いまだ終息せず | トップページ | 日弁連の会長声明 »

2011年3月30日 (水)

日本のエネルギーをめぐって

地震と津波の国・日本において、原発は持続可能なエネルギーか? 私は 「否」 である。だとすると、「持続可能な社会」 の構築には原発エネルギーへの依存を減らしていく社会のあり方が問われる。原発の安全神話が崩れた今、私たちは 「持続可能な社会」 に向けて真剣に向き合うときが来た。

関連して、現時点でも日本の最大電力は水力と火力だけでまかなえているというデータがある。これは貴重な資料ではあるがどうなのか。計算上の最大容量がフル稼働することはありえないし、原発の夜間電力による揚水発電をどう見積もっているかの疑問もある。現実的には、やはり軟着陸 (推進から段階的縮小への転換) の方向性を問いたい。そして何より、まだまだエコな生活とは程遠い持続 「不可能」 な社会の現実を棚上げするわけにはいかない。

私は、日本ではもう新たな原発は建設できないと信ずる。ことここに至っても、新たな原子力発電所を受け入れる地域があるとしたら、その 「経済的現実」 はあまりにも哀れで悲しいといわねばならない。あってはならない。(ここには地域の再生が関わっている)

むしろ、これからのエネルギーは、家庭を最小単位とした地域レベルに分散化していくのではないか。こうした流れは、グローバリゼーションの対極にあるローカリぜーションにつながる。このふたつはコインの裏表だ。グローバリゼーションによる国際貿易等が続くと同時に、対極で、食べ物で 「地産地消」 が望ましいように、エネルギーも分散型で再生可能エネルギーの 「地産地消」 が望ましくもあるのだ。

エネルギーを考えるということは、私たちのエコな暮らし向きへの転換であるばかりでなく、地域内資源循環というかローカルな暮らし向きを考えることでもある。こうした視点がもっと強調されてよい。

私は教育の場にいるので、こうしたテーマのディベートを重視したい。ESDとして。そして、きわめて効果的な社会教育としての 「(原発をめぐる) 国民投票」 に賛成したい。

« いまだ終息せず | トップページ | 日弁連の会長声明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559271/51255829

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のエネルギーをめぐって:

« いまだ終息せず | トップページ | 日弁連の会長声明 »