« 第9回 開発教育システム思考研究会 | トップページ | 開発教育研究フォーラム2011 »

2011年1月30日 (日)

監督の手腕

サッカーのアジア杯で優勝 ・・・ 日本中が沸きましたな。日本代表の地力は、アジアが舞台なら結果を出せるということなのでしょう。事前準備もままならず、けが人も続出した現実を考えると、オーストラリア戦での勝利も含めて、奇跡的 と言えるかも知れません。ここでは、監督の手腕について、私の感想を書いておきましょう。

以前、私は、チリ の華麗かつ多彩なチームプレーを指導する ビエルサ 監督を待望していることを書きました。その戦術に惚れてまして。日本サッカー協会も候補にしていましたが、残念ながら叶わず失望していました。けれども、現 ザッケローニ 監督は、正直、期待以上ですな。

何が期待以上か ・・・ それは、戦術と人心掌握の2点にまとめることができそうです。

ザック・ジャパンは戦術的に確実に成長しています。成長とは、以前、私が心配していたように、むやみに 「90分間プレス」 をかけ続けて自滅するサッカースタイルから、集中のメリハリがチーム力として身についてきていること と私は思いますぞ。オーストラリア戦では、パスコースを読まれて苦戦するなど、世界レベルでの未熟さを残していることは確かですが、経験を積むことで、まだまだ成長していくと期待できましょう。

もうひとつの 人心掌握術 では、今回、スタメンの11人ばかりでなく、控えも一丸となっている。メンバー全員が、監督の「信頼」 に応えようとする気持ちを持っている。特にGK川島の力を引き出したことが象徴的ですな。準々決勝のカタール戦2失点目はひどかった。そのポジションミスは目を覆うばかりでしたが、それを指摘しつつも、「お前を信頼している」 と言い続け、起用し続けた采配はお見事。その後の韓国戦/オーストラリア戦で、川島本来のスーパーセーブを引きだすことにつながった ・・・ まさに教育者ですな。

采配といえば、オーストラリア戦後半、高さのある DF岩政 投入で、DF長友 を前に出す相乗効果で、右サイドからのハイボールクロス戦術を封じた采配などは絶賛もの。サッカーのゲームは11人の選手個々のプレー次第 あるいは 選手同士の主体性が重要であることは確かですが、実は監督のチームづくりが勝るとも劣らず重要。。

今後の日本代表のますますの成長を期待したいものです。

« 第9回 開発教育システム思考研究会 | トップページ | 開発教育研究フォーラム2011 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第9回 開発教育システム思考研究会 | トップページ | 開発教育研究フォーラム2011 »