« 子どものための日本語指導者養成講座(7) | トップページ | 子どものための日本語指導者養成講座(8) »

2010年9月10日 (金)

PET その後

8月6日に受診した PET検診の結果は、2週間ほどで送られてきました。一目見ると、ちょっとしたショックを受けます。自慢ではないが、わたくし 決して若くはないので、「経過観察」 の指定がずらりと並んでいるのです。必死に、希望を持てる記述を探しましたぞ。。(笑)

総合判定~血液検査~腫瘍マーカー とめくってもだめです。覚悟を決めるしかありません。。

でも、やっと 6ページ目にすがりつける文がありました。

曰く、「(病的と思われる集積を認め精密検査が必要な所見) : この項目に該当する明らかな異常集積は認めません。」

これです! これ。(涙) ・・・ これで ずいぶん楽になれたのでした。。

でも、「肺」、「胃」、「腎臓」、「甲状腺」、そして 「前立腺」 などが要注意になってます。やっぱり、経過観察項目が多すぎます。。(-_-;)

自覚症状のあるのは、特に 肺 です。この春、乗馬に苦戦していた(でも楽しんでいた)頃は好調だったのに。。

まずは、肺の相談で、埼玉県教員時代にお世話になり、毎年 「気胸手術」などの経過観察を受けている先生を訪ねることに。。結局、追加の検査を始めました。

・・・ こんな結末で、決して好調とは言えませんが、体調改善に向けて、安静を心がけつつ適度な運動を忘れずに、、という心境。。

病気ほど 「己を知る」 ことが重要なものはないでしょう。その意味で、PET を受診したことは良かったと思っています。

« 子どものための日本語指導者養成講座(7) | トップページ | 子どものための日本語指導者養成講座(8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どものための日本語指導者養成講座(7) | トップページ | 子どものための日本語指導者養成講座(8) »