« 「開発」に関する視点 | トップページ | 第5回 開発教育システム思考研究会 »

2010年9月27日 (月)

40年ぶりの再会

2010年9月26日の感動。それは、学生時代に同じ屋根の下で過ごした友と40年ぶりに再会したこと。彼がインターネットで私の名前を見つけ、連絡をとってくれたのがきっかけ。仙台に住んでいるのでめったなことでは会えませんが、ちょうど上京の機会があって実現しました。

ヒルトン東京に滞在ということで、私の方から新宿へ。ロビーでの待ち合わせ。

メールのやりとりでお互いの顔写真を見ていたこともあり、すぐわかりました。でも、相手は40年経っていても昔の面影がちゃんと残っている。私の写真を見た彼もこう書いてきました。「変わってないですねぇ。道で遇ったとしても、直ぐに分かりますよ」 と。

う~ん、自分の変わらない面影って何なのでしょう?

40年ぶりの再会・・・あっと言う間に3時間が過ぎました。すっかり時間の経つのを忘れました。

若き日に同じ屋根の下で過ごした日々は、お互いが共有する青春の1ページです。その1ページを共有できるのは、世界広しといえど彼しかいない。そんな感慨にふけりながらの思い出ばなしでした。

池袋にロサ会館というお遊びスポットがあるのですが、あれは40年前に建ちました。池袋に住んでいた私たちは、よく徹夜でカードゲームに興じ、そのままロサ会館の早朝ボーリングに繰り出しました。1ゲーム100円で遊べました。

現在の私に、ある種の幅をもたせているのは、あの頃の若き日々かもしれません。

それにしても、彼はすごい。同じ下宿の他のメンバーの名前、隣り近所の店の名前、その当時の物の値段、私が忘れているそれらの事柄が正確に出てくるのです。ですから、ますます話が途切れません。

彼は地元・仙台で事業に成功しています。あの当時、繊細で弟のように思っていた男の子が、40年たった今、地方の名士で羽振りも良いらしいのが嬉しい。

でも、40年前の彼がまだ10代だった頃にタイムスリップした3時間でした。

帰りは終電に乗りはぐれ、遠路をタクシー帰りとなりました。いいではありませんか、そんなのも。。

相当酔っていたのですが、タクシーの運転手さんに 「40年ぶりの再会」 の話をすると感動してくれました。学校の同窓会などでは別にめずらしいことはないでしょうが、インターネットのHPやブログが、旧知の人間を引き合わせてくれたという話です。

それに、「会いたい」 と切望する旧友は、人生にそう何人もいないかもしれません。

« 「開発」に関する視点 | トップページ | 第5回 開発教育システム思考研究会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「開発」に関する視点 | トップページ | 第5回 開発教育システム思考研究会 »