« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月27日 (月)

40年ぶりの再会

2010年9月26日の感動。それは、学生時代に同じ屋根の下で過ごした友と40年ぶりに再会したこと。彼がインターネットで私の名前を見つけ、連絡をとってくれたのがきっかけ。仙台に住んでいるのでめったなことでは会えませんが、ちょうど上京の機会があって実現しました。

続きを読む "40年ぶりの再会" »

2010年9月20日 (月)

「開発」に関する視点

開発教育システム思考研究会MLではメンバー間の意見交換が行われていますが、その際に 「忘れたくない視点」 として確認した観点を書いておきます。そもそも 「開発」 をどう捉えるかの定義に関する事柄です。

続きを読む "「開発」に関する視点" »

2010年9月16日 (木)

メンバーの「ふりかえり」から (その4)

これまで、研究会の流れ、研究会のねらい等、について整理してきました。最後に、今年度の目標について展望しておきます。メンバーの「ふりかえり」では、「今年度何を成果とするのかの目標が見えない」という感想が多くあります。

続きを読む "メンバーの「ふりかえり」から (その4)" »

2010年9月15日 (水)

メンバーの「ふりかえり」から (その3)

本研究会は、システム思考を取り入れた開発教育を模索しています。現時点で、その学びの構想をできるだけ実践的視点でまとめておくと、「世界(人間社会)の現実を知り、システム思考的に考え、レバレッジポイントを探る」 という新しい学びの形態です。これは開発教育における 「学びの転換」 とも言えるでしょう。(教師はその学びを促進するファシリテーター)

続きを読む "メンバーの「ふりかえり」から (その3)" »

2010年9月14日 (火)

メンバーの「ふりかえり」から (その2)

「なぜ、システム思考か?」 ・・・ メンバーの 「ふりかえり」 では、さまざまな論点が出ていますが、もっとも土台となるのが 「システム思考の哲学とは?」 というテーマでしょう。これはシステム思考の世界観にかかわります。私たちは、なぜシステム思考にこだわるのでしょうか?

続きを読む "メンバーの「ふりかえり」から (その2)" »

2010年9月13日 (月)

メンバーの「ふりかえり」から (その1)

前期最後の 「拡大研究会」 が7月10日。7/15-16 の記事で、拡大研究会をまとめ、加えて前期の総括もしましたが、それから2ヵ月。この間、研究会では、ML上でメンバーによる 「ふりかえり」 をしてきました。したがって、本日から何回かに分け、できるだけ参加者の発言を踏まえて、前期 「ふりかえり」 と 「今後の方向性」 を整理していきます。

続きを読む "メンバーの「ふりかえり」から (その1)" »

2010年9月12日 (日)

子どものための日本語指導者養成講座(8)

終わりましたぞ、子どものための日本語教育の講座。7月から9月まで足掛け3ヵ月。全8回。半日が2時間相当の8日間ですから、計30時間相当の集中講座を修了したことになります。実際には、先週土曜日に、(オプションで)「教室での体験指導」もしていますから、さまざまな学びがありました。(感謝)

続きを読む "子どものための日本語指導者養成講座(8)" »

2010年9月10日 (金)

PET その後

8月6日に受診した PET検診の結果は、2週間ほどで送られてきました。一目見ると、ちょっとしたショックを受けます。自慢ではないが、わたくし 決して若くはないので、「経過観察」 の指定がずらりと並んでいるのです。必死に、希望を持てる記述を探しましたぞ。。(笑)

続きを読む "PET その後" »

2010年9月 6日 (月)

子どものための日本語指導者養成講座(7)

いよいよ残り2回となった 「子どものための日本語指導講座」。今回は、前回の 「小学生への教科の指導法」 に続いて 「中学生への教科の指導法」。指導者の小川先生は中学校の現場教師。東京学芸大国際教育センター 「JSLを生かした外国人児童生徒教育指導者研修」 などの講師でもある。いろいろな意味で考えさせられましたが、その中身とは?

続きを読む "子どものための日本語指導者養成講座(7)" »

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »