« ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 | トップページ |  第2回 ”トコトコタウン” づくりに向けて »

2010年6月20日 (日)

0-1 は数字の上では惜敗だが・・・

昨日のW杯、日本-オランダ戦の結果は 0-1 でした。新聞各紙には 「惜敗」 という文字が躍っています。「惜敗」 が 「惜しかった!(惜しくも敗れたが勝てたかも知れない)」 という意味だとしたら、そういう盛り上がりは危険だ、と私には思えます。それはなぜか?

またまた、へそ曲がりなことを書きますが、得点の予感がほとんどしなかったからです。オランダにしてみれば、ペナルティエリアの外側辺りから激しく守れば大丈夫と、戦略的に対応していたように見えました。(にもかかわらず、日本代表はこれまでのワンタッチパスは通じないと諦めて、長いパスを送って早めに攻撃の芽を潰してしまう悪循環に陥っていたと思います)

確かに、ディフェンスはがんばったと思います。特に、長友、闘莉王、阿部、長谷部あたりが目立ちました。比して、前の3人は完全にかわされています。(相手に翻弄される)守備に貢献する分、どんどん攻撃への体力を消耗していきました。消耗が過ぎれば、身体はキレを失い、パスミス/シュートミスも出ます。前の選手の守備は「読み」が通用していません。ひたすらボールの後を追いかけるだけでなく、on/off のスイッチが必要なようにも思えます。

日本代表は、私が先日書いた 「オシムの助言」 を取り入れたかのように、これまで追求してきた 「90分間プレス」 の戦術を、急遽、「守備のブロックからの攻守の切り替え」 に変更しているように見えます(悪く書けばブレてます)。けれども、それをもって ”日本的サッカー” とするのなら、その練習を何年も続けてきた結果の檜舞台でなければならないのです。つまり、世界の強豪と当たって「現実」的になったのが遅すぎます。

「やることの基本は変わらない」というのは強弁です。チームが臨機応変に集中して力を発揮する「チーム力」を世界レベルに押し上げてはじめて、一次リーグ突破が「当たり前」になるのだ、と私は敢えて厳しく評します。日本なりにできるはずだからです。

さて、24日のデンマーク戦ですが、今度は、日本が大きなアドバンテージをもっています。つまり、引き分けでもよいこと。したがって、ここに戦術の問題は生じない(はず)。0-0 と考えています。消極的に引いているだけでは話になりませんが、カウンター狙いに徹しての引き分けです。これができれば、1-0 もあり得ます。私なりにひいき目に考えているこの「プロのカウンター戦術」でいくはずです。いくらつまらないゲームだったと言われようと、私はこのゲーム運びを堪能します。。

ただし、もし勝ちにいったら、愚かだと思います。先制点を取られたときが悲惨。先制されて守りを固められたときは、アジアの国々が相手でも手を焼くのが現実であることを忘れてはなりません。そのくらいのリスク管理は当然ですよね。技術は日本の方が上だからと、デンマークを甘く見たら、いくら悔やんでも悔やみきれないことになるでしょう。

・・・ 

これまでの2戦を見た限り、残念ながら、うまく1次リーグを突破したとしても、普通に考えれば、0-1 で負けるのが今の日本の実力。オランダ戦と同じように、前半 0-0 は可能でしょう。日本にとって願ったりと言うけれど、実は、今の戦い方では精一杯消耗するくらい守っての 0-0にならざるを得ない。前半は15分を過ぎたら、球を回して、ボールに寄ってくるのをかわしてチャンスを狙うのが日本との戦い方のコツです。それをする力は、W杯に出場するくらいの国なら当然どのチームも持っていると思います。

後半には、どこかにスキが出て失点する可能性がある。そうなると、消耗した日本に先取点を取られて挽回する力はない。どの国も、今回のオランダ同様、無理をせずにカウンターを封じて、勝利優先でくるでしょう。こういう展開でも、0-1が「惜敗」と評価するのでしょうか? 「日本代表はよくやった(この調子でがんばれ!)」 と。。

最後に、結論めいた「想い」を書いておきます。

今大会、私はチリのサッカーに魅せられています。身体的に俊敏な日本が真似しようとすればできそうな、効果的なサイド攻撃と 裏への飛び出し、素早いワン・ツーと 緩急をつけたキラーパス・・・。特に、サッカーは「緩急」がないと見ていられない。アルゼンチン人のビエルサ監督よ、日本に来てダンゴの踊り方を指導してくれないかい?!(笑)

« ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 | トップページ |  第2回 ”トコトコタウン” づくりに向けて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 | トップページ |  第2回 ”トコトコタウン” づくりに向けて »