« 第2回 開発教育システム思考研究会(まとめ) | トップページ | ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 »

2010年6月13日 (日)

プリンター設定で戸惑ったこと

プリンターが壊れました。。省スペースが気に入っていたHP(ヒューレットパッカード)の複合機です。紙送りのローラーが空回りして「用紙確認」の警告が出てしまいます。5年以上使ったので、修理に出すコストを考えて新しく購入することにしました。ところが、ドライバなどのインストールで・・・。 

新しい複合機はCanonです。無線LANや両面印刷など、最近のプリンターの機能アップを感じます。「スタートガイド」にそって順調にセットアップできたのですが、一か所だけつまずきました。忘れないように、ここにしっかりとメモしておきます。(もう一台、Canonの専用機を使っていますが、そのセットアップでは気づかなかった事象です)

ドライバなどのインストールの際の「重要事項」で、「管理者(Administrator グループのメンバー)としてログオンしてください」という記載があるのですが、これに引っかかってしまったのです。しかもご丁寧に、「インストール処理中は、ユーザーの切り替えを行わないでください」とあります。アレレ、パソコン(VISTA)を導入したとき、Administrator などまったく記憶がないぞ・・・、パスワードを要求されたらログオンできないぞ・・・、などと余計な心配が脳裏をよぎりました。

ちょっと調べてみると、管理者でログインしてインストールしておかないと、ドライバの更新もできないらしい。そこで、どうしたら Owner (ユーザー)でなく Administrator でログインできるかをネットで調べることに。。

・・・ 結論は、何も悩む必要はないのでした。ユーザーが自動的に管理者に設定されているのです。そのことは、[コントロールパネル] で [ユーザーアカウント] を見ると、ユーザー名と Administrator がちゃんと連名で設定されていることが確認できます。

なぁんだ・・・時間を返せ! という話です。普通の使い方の人にとっては、何も「重要事項」に書いてくれなくても関係ないわけで、人騒がせな記述だと感じた次第。。身に覚えのある人も多いのではないでしょうか? それともこんなことで悩むのは私だけかな。(笑)

さて、補足ですが、試しにこのブログをカラー印刷してみると、デフォルトではかなり明るめで、緑色が黄色に近くプリントされてしまいます。普段は、モノクロで印刷するので関係ないのですが。。対策としては、Canonのプリンターでこのブログをカラー印刷する場合は、マニュアル調整の濃度設定で少し濃くなるように調整すれば、モニターに近い色にプリントできるようです。

« 第2回 開発教育システム思考研究会(まとめ) | トップページ | ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第2回 開発教育システム思考研究会(まとめ) | トップページ | ファシリ講座第9講より~「つかみ」におけるFの配慮 »